読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリエイターの無精卵

でも卵料理にはなれるしいいのかもよ

私は五ツ星プリンスが大好きだった

 

オタ歴の短い女が、初めてコンテンツを看取った夏

 

 

※コンテンツへの批判的な表現を含む、というより繊細ヤクザが喋り倒しています。
ただ1年という区切りに心の整理がつけたくてだらだら書いた昔話なので、おもしろくはないかな…と思います。

 


乙女の祭典、AGFことアニメイトガールズフェスティバルの季節ですね。早速ウッカリしすぎてわたしは午後チケの民になりました。
わたしは今でこそ毎月イベントを飛び回るようなアクティブオタクですがAGFに参加するのは去年が初めてで、たしか、白井悠介さんのお渡し会イベントに参加したい一心で1年前のこの時期に右も左もわからないままチケットをとったのを覚えています。


そのAGF2015で出会ったコンテンツが「五ツ星プリンス」でした。
少女漫画と若手の人気声優によるボイスドラマ、そして音楽の融合。
キラキラしたイケメン絵の立ち並ぶ会場内で、(いい意味で)異彩を放っていた真田ちか先生のあたたかみがあって華やかなかわいい絵、今でも思い出せます。
大好きな梅原裕一郎さんや上村祐翔さんが出演しているということもあって、普段は少女漫画にあまり興味がないどころか若干苦手意識さえあったわたしだけれど、これが青田買いってやつかな〜なんて考えたりしながらグッズを購入しました。
スタッフのお兄さんだとばかり思っていたのが出演声優の生田鷹司さんで、「あの、僕声優なんですけど〜」と申し訳なさそうに声をかけられて握手をしたのもすごくいい思い出です。あのときはごめんなさい!あれからちゃんと密かに応援してます!!笑


グッズについてきた限定のボイスドラマを聴いたりして、わたしは完全に五ツ星プリンスのファンになっていました。

優しいのかと思っていたら自信家で独占欲が強くて、たまにこの子ほんとに少女漫画のメインヒーローでいいのか…?という危ない子ぶりを見せつけてくる篠田くん。
キュートな見た目で小悪魔な性格、まさに蒼井翔太さんのお声がよく似合う龍臣くん。
イケメンとか自称しちゃうお茶目さんだけど肝心なところはキッチリ決める、大人の魅力溢れる西島さん。
物腰柔らかで、口数は少ないけどすごく心優しい子な那央くん。
笑顔がとってもかわいくてキラキラしてて、見てると癒される聖也くん。
そして、そんな個性的な男の子に囲まれて、お節介なんて言われたりもするけどひたむきで一生懸命で応援したくなる主人公のひなたちゃん。

少女漫画をおもしろい!と思ったり、少女漫画の男の子にときめいたりするのは久しぶりのことでした。すごく楽しかった。
クラスメイトの女の子たちがが少女漫画の貸し借りして「超きゅんきゅんしたー♡」って言ってるのを「くっだらねえ…」って横目で見てた自分が恥ずかしいくらい。

いやいや、そうは言っても好きな声優さんが演じてるから好きになっただけじゃん(笑)今さら普通の女子ぶっても(笑)とは思いました。正直。
でも、女オタクと少女漫画ってあんまり相容れない(とわたしは思ってる)けど、こうして触れるキッカケ、架け橋を作ることでおもしろい作品に出会えるんじゃないか。五ツ星プリンスの今までにないこういった試みって、もしかしてそういうことなんじゃないか、って思い直したんです。
コンテンツのねらいという波に、相手の意図するままにうまく乗れた!それって、すっっごく嬉しいことなんです。こじらせた楽しみ方をしてしまいがちなオタクにとっては、の話ですが…。

 

そして、もうひとつメインに掲げられていた「音楽」。
なんとこの個性豊かなプリンス達には、キャラソンがあるんです!!わーい!!!
少女漫画のキャラクターが、キャラソンを歌ってくれる。その喜びと驚きといったらもう、頭がぐちゃぐちゃになるくらいハッピーなことでした。なかなかっていうか、聞いたことない。

最初に試聴が公開されたのはメインヒーローである篠田陽一郎くんの「you're my possession」でした(現在はCD発売に伴いYouTubeでの試聴は公開終了しています)。
初めて聴いたとき、わたしはショックでなりませんでした。

 


だって、キラキラな少女漫画のメインヒーローが

 

"すべて壊してやりたい そして刻みつけたい
俺だけを求めるように
きっと奴らと同じくらい 簡単なんだろ?心を奪ってやる
ひどく泣かせてやりたい もうどこにも行かせない
俺のことだけ見てればいい"


とか歌うんですよ。

 

 

もう、しばらくポカーンとしてしまうくらい驚いて、その次に恐怖がやってきました。こんな、強引なメンヘラDV男子の不遜な初恋みたいな歌を、少女漫画のヒーローが歌っていいのか…。顔と声がイケメンじゃないと許されない所業…。という未知の体験の方の恐怖です。
でもね、だんだん歌詞から滲み出る精神性の幼さにときめいたり、篠田くんってこんなこと考えながらひなたちゃんに接してるのか……とか思いを馳せてしまったり、最終的に歌詞をさんざん読んだうえで「な〜んだおまえかわいいとこあるじゃねえか…」とまで思うようになりました。篠田くんだって高校生なんだよ〜エヘヘ〜かわいいねえ…。

キャラクターの一面を深く掘り下げたり、色んな感情を抱いたり、曲ひとつでたくさんのものを得られました。五ツ星プリンスのキャラソンにはそれだけのパワーがあった。さすがにものすごく長くなるので1曲ずつ挙げて語ることは避けますが、特に西島涼(cv.八代拓)のキャラソンはめちゃくちゃオススメです。iTunesにあります。

 

こんな感じで見事にわたしは五ツ星プリンスにハマり、勢いで応募したキャスト出演イベントにまで足を運び、楽しく過ごしていました。
2月に原作が完結してしまってああこれで展開が終わるのかな…とちょっと寂しかったんですが、完結後のバレンタインにもツイッターが動いてたり、宮内聖也役の生田鷹司さんがパーソナリティを務める公式ラジオの配信があったりしたことで「これからもなんらかのかたちで続いてくれるんだ!」と安心していました。むしろ、よ〜しキャラソンアルバムの発売まで元気に生きるぞ〜♪とルンルンするほどでした。

 

今思うとなんかすごくぬか喜びだったな…って思います。ワハハ。

 

2016年の3/2のことでした。ひとつのニュースが舞い込んできたのです。

XOX…うーん、名前だけは聞いたことがある…イケメンの読モ達のグループ?だったかな…。今もそんな程度の認識です。

正直ちょっとだけ泣きました。キャラソンアルバムの発売も目前にして、ポイッとオタク女層を切り捨てられたような気がしたのです。
わたしは、五ツ星プリンスのかっこよくてかわいいみんなのことが大好きでした。それは真田ちか先生の綺麗な絵と梅原さんを始めとする声優陣の魅力的な声があってこそのものでした。
そこにいきなり知らない、顔が綺麗なだけ(と言ったらきっとファンには怒られますね)な人たちがやってきて、「僕が篠田陽一郎役です」とか言われてさぁ、もう、逆にどうしろって言うんだよ。なんのつもりなのか全然わかんないよ。わたしの大好きな篠田陽一郎くんは、あの見た目で、あの声なんだよ。

ツイッターに流れてくるのは、だんだん彼らの動画の宣伝ばかりになりました。なんだか取って代わられたような気分で、今までの気持ちが嘘みたいに冷めてしまった。そんなことないと思ってる人の方が多いのかもしれないけど、築き上げてきてくれたものをまるごと奪われたくらいの気持ちになったんです。

そしてそのとき「最初から狙っていた層は私達オタク層ではなく、少女漫画にときめくようなごく普通の女の子たちだったのかな」という考えが頭をよぎりました。わたしが考えていたことと、まるで真逆だったのではないか?と。
普段から少女漫画を読むような普通の女の子たちをターゲットにしてたのに思った以上にオタク女の占める割合が高くなっちゃったもんだから、新たな戦略に出たのかも…って。
考え出したら止まらなくて、めちゃくちゃ苦しかった。だって声のキャスティングもいやちゃんとピッタリだったけど顔のいい子ばっかりだし、普通の女子にえー声優とかよくわかんないけどイケボでさらにイケメンとか超ヤバくない?キャー♡って思ってもらうため…だったんじゃないか!?とかすごい不安になって、それから、あぁもうやめよう…と思った。もうなに考えても苦しいだけだし、発信側の真意なんて見えないし、ちょっと冷静になろう、コンテンツから距離を置こう、なるべく忘れる方向で…なんて。

 

キャラソンアルバムの発売と共にラジオは終了。アルバム発売記念イベントの告知があったのですが、その頃には完全にコンテンツに触れることが苦しい状態で、結局イベントへの参加どころかアルバムを手に取ることさえしませんでした。


それから4ヶ月くらいが経って、久しぶりに公式ツイッターを見ました。
4/23に開催されたイベントに関するキャスト陣のツイートのRTを最後に、ツイッターの更新は止まっていました。
覚悟はしていたけれど、明確に「終わった」コンテンツに触れたことがほとんどなかったせいでまずそれがめちゃくちゃつらかった。
声優さんたちの「またこのメンバーで!」「また会おうね」「次があると信じて」という言葉に、コンテンツから離れたはずなのに気づいたらボロボロ泣いていました。なにより、イベントに一度も参加できなかった蒼井翔太さんの「いつか、いつか参加するぞ!」という言葉で、わたしはひどく泣いてしまいました。もう「いつか」なんてないことを、彼もわたしたちも知っていて、受け入れなくてはならないと思わされたから。


取って代わられてなんかいなかった。こっちが思う以上に彼らは結びついていたのに、勝手に突き放された気分になって離れて、文字通りコンテンツが終わる瞬間、向き合ってくれていた声優さんとキャラとの別れの瞬間に立ち会えなかったことを、すごく後悔した。

公式サイトもいつの間にか消えてるし、公式キャラソン試聴PVはもう見られない。じわじわとコンテンツが誰にでも触れられる場所から消えていくたび、苦しくて、苦しくて苦しくて、色んなものを恨みそうになった。
だれが悪いでもないというか、強いて言うならわたしが悪いんだけど、いまだに時々もう動くことのないツイッターを見にいってはひとりで泣いています。

 


まあ〜〜〜〜〜言うても正直なところあのままXOXの動画を受け入れられた気もしないし、まあ、これからまだまだ長いオタク人生で一度や二度こんなこともあるよね、となんとなく折り合いをつけたいです。こんなの初めてすぎて自分の気持ちにさえいっぱい戸惑ったけど、それだけ好きだったってことで。
はあ。叶わなかった恋みたいですね、五ツ星プリンス。追憶が涙を呼ばない日はまだ遠そうです。

 

 


踏ん切りつけよう!と思ってこのエントリを書いたんですけど、はたしてほんとに踏ん切りはつくのだろうか…わかんないけど、ずっと抱えてたものを全部吐き出せたので今度ちゃんとキャラソンアルバムを買いに行こうと思います。iTunesでは買ったんですけどね。

実はキャラソンアルバムには公式女体化ドラマパートが収録されてるらしいんですよね。フフ。それがほんと超楽しみです。
これだけの文を読んでくれたみなさん、ありがとうございました。

なんだかんだ言ったけど、わたしは五ツ星プリンスが大好きです!

 

追記

なんかこれをアップしてから公式ツイッターを見たらbioの文面変わってるし公式サイトのリンクも消えてるしで、くしくもアカウントごと放置されてはいなかったということを示されて、でも完結したコンテンツなんだよって改めて言われてるみたいで、なんかもうやだ…好き…どうしようすごいさみしい……………………