読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリエイターの無精卵

でも卵料理にはなれるしいいのかもよ

年明けちゃったけど2016現場まとめ

2016年、お疲れ様でした。
キンプリという現象を体験し、夏には防衛部2期があり、あとはのんびりするつもりがバンやろにドハマリして新たな扉をノックどころか蹴破る勢いで、とにかくいろんな人と出会っていろんなことを経験した年でした。
年明けちゃう前に書くつもりだったのに結局流れるように日付変更線があっちの方にいってしまった…けれど、現場のおはなし(と言っても覚書とか雑談程度)をちょっとだけ書きたいと思います。


1/10 Letters from Tokyo 昼の部
ホテルでなにこれディナーショーかよみたいなセッティングで観た朗読…?歌…?よくわかんない…。のイベント。
あまりにも宣伝が下手で(失礼。でも公式アカウントのフォロワーが私より少ないなんて思わなかった)、キャストは豪華なのにチケットが全然捌けていなくて、推しの西山宏太朗くんが出る!という理由だけで席を埋めなきゃという義務感半分怖いもの見たさ半分で参加したんですけど、もうなんか…色々覚えてねえ…!
お席でレモンティーが振る舞われたんですが、わたしはレモンティーがあまり飲めないのでそこに苦しんだ記憶の方がなぜか勝ってしまっています。
色々あってCDも持っているのに、開封すらしてなくて申し訳ない。

 

1/16 和臣の部屋
質問コーナーで拾っていただけてめちゃくちゃ嬉しかったのに、それが次のトークテーマにだだかぶりして潰してしまうという痛恨のミスをした現場。
ゲストで来ていた白井さんのヌーのモノマネが心底気持ち悪かった(褒め言葉)。

 

1/23 大井町クリームソーダpresents「悪魔のお休み」昼/夜
会場で振る舞われたクリームソーダとシュワちゃんプリントのクッキーがすごいかわいかった。
西山くんがあるコーナーでウォッカを飲まされてマイクオフでオエッ……ってえずいてたのが聞こえたり、テラスハウスの曲を歌って周りに「うるさい」と冷たくあしらわれていたりしたなぁ…。

 

4/30 「西山さんちの宏太朗くん」発売記念お渡し会
初めての推しとの接近になにを言うか数日考えて考えて、考えた末に出てきた言葉が「あの…今でもパンツ集めしてますか?」
完全に変質者。いやこれは2012年に本人が趣味:パンツ集め って書いてたのがいけない(言い訳)
仮に男女逆だったらスタッフに秒殺されてるようなセクハラ質問にもニコニコしながら「今も変わらずだよー!」と元気に返してくれた西山くん。
動揺のあまり「お、お気に入りのパンツの柄教えてください」というさらなるセクハラ発言をぶつけても「この本に載ってる!!」とドヤ顔で返してくれた西山くん。
参加人数がすごく多くて長いイベントだったにも関わらず、ひとりひとりの目を見て丁寧に言葉を交わして、休憩もみんなが待ってるから、と一瞬で切り上げてくれて。その優しさとファンへの深くて大きな愛に、また改めて「この人に出会って推せてよかったな」と思わされたイベントでした。
でも20代男性としてパンツの柄は公開しちゃダメだと思う。マジで。

 

5/21 美男高校地球防衛部LOVE!ALLNIGHT!

5/27 B's-LOG FAN MEETINGスクリーンイベント
ニコ生を見るだけだと思ってたら最後に西山くん、武内駿輔くん、森嶋秀太さんが登壇してくれて何の気なしに最前列に座っていたわたしは卒倒寸前。
武内くんは同い年なので勝手に親近感を覚えているのですが、初めて生で見てみて、こんなダンディな同級生がいたら近寄れねえな…と再確認しました。

 

6/5 IDOLM@STER SideM 1st LIVE ワケあってチアリング上映会!
永塚拓馬くんと渡辺紘くんの熱い抱擁のエモさに泣き、トークショーに登壇した八代拓さんの「眼鏡を外す内田雄馬を抜いてくれたカメラマンさんと雄馬本人に金一封包みたい」という完全オタク目線の発言に(わかる…)と思った初SideM現場。セカライ2日目のLVとれたので超楽しみです。

 

6/11 大井町クリームソーダpresents「ワンルーム☆ワンダフル」
モッコリさん怖い…モッコリさん怖い……(ある演目に登場した谷口悠さん演じる謎の怪異「モッコリさん」が白の全身タイツ&異常にモッコリした股間という女性客殺しのビジュアルで舞台上を縦横無尽に狂った動きで飛び回る!最終的に鈴木裕斗くんもモッコリさん化!なぜ大井町はトラウマ演目が多いのか)

 

6/12 マジきゅんっ!ルネッサンス「キミにマジきゅんっ!」星フェス準備会

7/3 2人だからできることvol.11 白井悠介&赤羽根健治

7/10 B-PROJECT HAPPY SUMMER EASTAR

8/7 美男高校地球防衛部LOVE!LOVE! ☆Event☆The☆VEPPer☆〜Apesへ贈るハイタッチ〜
村上喜紀くんの壮絶なダンスのキレと止まらない河本啓佑さんの汗。
今だから言える話ですが、防衛部1期がめちゃくちゃ好きだったぶん別府兄弟を受け入れられるのかずっと不安で試すような縋るような複雑な気持ちで参加したイベントでした。一生懸命で楽しそうなお二人の姿を見たらあぁこの人たちもちゃんと防衛部の一員なんだな、とすんなり飲み込めてよかったです。
お渡し会で脚がガクガクになりすぎて翌日筋肉痛になったのだけが唯一の失敗…

 

8/13 大井町クリームソーダpresents「おしゃべりの部屋」

8/17 美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!THEATER!

9/4 西山宏太朗ランズベリー・アーサー スペシャルトークショー

9/10 スタミュ OVA上映会
9/11 AD‐LIVE2016 小野賢章森久保祥太郎 昼の部
なぜか徹夜で仕事後にOVA上映会で大泣きしてフォロワー達とラブホテルで夜通しバカ騒ぎしてからの舞台鑑賞。自分の体力を過信しすぎて顔がドブ色になったのでもう二度としません。
まったく前情報なしに行ったのですが、会場の関連展示やスタッフの衣装へのこだわりにまずすごく驚かされました。すごく凝ってた。
どんどんカオスな方向に進んでいくまさに予想不可能な物語の顛末についてはDVDで実際に見てほしいのであえて語りませんが、賢章さんが勢いよくブン投げてくる未知数のアドリブを強気にガンガン打ち返す森久保さんの安定感に「森久保さんってすごい!!」と素直に感動しました。いつもカラオケで爆笑しながらモノマネとかやってごめんなさい…
いわゆる中堅声優さんの現場に行くことってまず機会として少ないのですが、心の底から、あぁ鈴村健一って天才なんだ…と思えるしっかりとしたエンターテイメントでした。また今年も行けたら嬉しいな〜

 

9/19 ナンバカ アニメ第1話先行上映会
柿原徹也さんがその場にいない細谷佳正さんの名前を連呼しては「あいつはいい役者なんですよ〜ほんと〜〜」と褒めちぎっていた記憶が強すぎてなかなか他のことが思い出せないんですけど、ステージから去り際に上村祐翔くんが衣装の胸元をガバッと開けて中に着ていたナンバカTシャツをドヤ顔で見せて去っていったのがかわいかった。2期の配信楽しみですね。

 

9/25 81プロデュース35周年企画「POWER OF VOICE〜朗読から落語、無声映画まで〜」
声優のお仕事の幅広さ、声に宿るたくさんの可能性を示してくれたイベント。無声映画に声をつけて演じる活弁というのがすっごくおもしろくて、無声映画に少し興味がわきました。
会場の洗足大学がスタミュの聖地というのもあってあちこちキョロキョロしてまわったのもいい思い出です。広かったなぁ

 

10/1 DearDreamミニライブ

11/6 美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!LIVE!
生きててよかった。この時代に生まれて、防衛部を好きになって、彼らに幕張メッセに連れてきてもらえてよかった。日付の変わる頃に家に帰ってきて、布団の中で少し泣いた。

 

12/10.11 大井町クリームソーダpresents「サイバーパンク・ラブストーリー」
大井町初めての長編舞台ということで、初演と千秋楽に入らせていただきました。あまり内容を語るのも野暮というものだけどあえて言うなら、主演を務めた箸本のぞみさんは名女優だし、入江玲於奈くんは小劇場で声優ファンだけが見る数公演のための舞台脚本家にしておくにはあまりに勿体ない逸材。
さすがに舞台の感動を3日以上引きずったのは初めてです。今でも劇中歌をたまにくちずさんで泣きそうになる、大きな爪痕をのこす舞台でした。

 

12/21 バンドやろうぜ!OSIRIS主催 2nd GIGS "Darkness"
人生初の折り畳みで首が数日痛かった。OSIRIS、本当にめちゃくちゃかっこいいし、クールでセクシーな音作りに気づいたらメロメロにされてしまうオススメのバンドです。ボーカルの高良京を演じる小林正典さんをしっかり近くで見たけどやっぱり34歳とか嘘でしょうあれ、なんだろう…これが東洋の神秘?歌声と喋りのギャップもまたかわいくて最高でした。
3月開催のBLASTとのツーマンにも行けることになったので、次こそ首を痛めない程度に楽しんできます。バンギャってすごい。

 


合計25現場!!
2015年は5月に人生初声優現場+学生だったこともあり年間通しても9現場(無銭含む)だったので、高校卒業した途端に実に3倍近くまで跳ね上がったことに我ながらめちゃくちゃビビりました。ちなみに自制の意味も兼ねてつけているオタク出費帳の総額は前年比2倍超でした。

どれもすごく楽しかったけど、やっぱり防衛部LLLはオタク人生の中で記念というか大きなひとつの節目となるとても大切なイベントだったなぁと思います。本当に彼らには感謝しています。こんなにひとつのものを好きになって熱くなって応援できるってすごく幸福なことで、その応援が2期や幕張メッセでのライブという大きな実を結んでくれたことが、この先もずっとずっと嬉しくて誇らしいんだと思います。ありがとう。


10月に始めた「バンドやろうぜ!」効果もあって個人的にバンドブームが到来しているので、今年は声優現場だけじゃなくて色んなアーティストさんのライブとかにも足を運べたらいいな〜と思います。2015年のAGFで失礼なことにスタッフと勘違いしてしまった生田鷹司くんとバンやろを通して再会(?)できたのが結構嬉しいです。今度こそステージ上の彼にキャーキャー言うぞ。

相変わらず人生に不安要素はいっぱいあるけれど、今年も楽しく文化を享受しながら生きていけたらよいなぁと思います。

では、今年もみなさんよろしくどうぞ。